<オバマ大統領>2008年アメリカ合衆国大統領選挙

<オバマ大統領>2008年アメリカ合衆国大統領選挙

<オバマ大統領>2008年アメリカ合衆国大統領選挙

2008年11月4日に実施されるアメリカ合衆国大統領選挙に向け、アメリカでかつてない盛り上がりを見せたのが、民主党の予備選挙である。
予備選挙とは、党の公認する大統領候補を選出する一連の手続の事である。
つまり、党の代表利候補者を決定させる為の選挙と云うわけである。

 

よって、党に属している議員が大統領を目指すケースの場合、まずこの予備選挙を勝ち抜く必要がある。
無属での大統領就任は事実上不可能である為、現実的には、大統領となるにはまずこの予備選挙を嫌でも経験する事に成る。

 

この予備選挙は、現実に開始する前から既に戦いは開始している。
立候補を表明するのは、ざっくり予備選挙の1年前くらいのものである為、この時期からが勝負であるためである。
2008年の大統領予備選挙に於いては、2007年が開始するくらいから、民主党ではオバマ氏とヒラリー婦人、共和党ではマケイン氏とジュリアーニ氏が先行候補として支持を集めていた。
この時点で、既に両陣営とも一騎打ちの構想が出きていたわけである。

 

何事にも云える事ではあるが、選挙ははじめが肝心である。
勿論、初めは無名でも少しずつ頭角を現すと云う例は幾らでもあるだろう。
しかしながら、当時はおもったより無名と云えるオバマ氏すら、この時点で既に大きな支持を集めている所からも理解できる通り、立候補する時点で少なくともその党の1、2番目の支持を集めていなければ、巻き返すのは困難だろう。

 

オバマ氏にしても、立候補が開始する前から、議員時代のスピーチ等で知名度を上げていた。
彼らの戦いは、立候補する前から開始しているのである。

 

気になる話題の調査報告

トップへ戻る