便秘と食事改善

食事改善をして腸が喜ぶような食事摂取を実践すると便秘改善につながる。
食事と便秘は大幅に関係がある。
便秘だからと云って食事の量を減らしてしまうと腸の働きが低下する為、いよいよ便を排泄しにくくなって便秘が酷く(ひどく)なる。
また食事の量を減少させると体に必要な栄養素も摂取出きない為、便秘が悪化するのみではなく肉体的にもよくないのである。
更に規則ただしく食事を取らないで栄養も体に足りていないと、心理的にも元気になれないから、気持ちも弱くなったり、やる気がなくなったりして気持ちにも影響してしまう。
そうなると適度な運動をする事も望めないから、活動量も減少して悪循環に成る。
便秘は体に多種多様な悪影響をおよぼすのである。

 

そこで食事改善をして腸が喜ぶ食物を取ると腸が喜んで動作して腸内環境をアレンジしてくれる。
まず1番大事な事は1日3食あるレベル決定した時間にキッチリと食事を取る事である。
生活リズムをアレンジする事は体にとって途方もなく肝心である。
食事の時間を1日3回時間も規則的にすれば、腸も毎日活動する時間を認識しやすくなる。

 

食事改善の食の内容にかんして云うと、常習性の便秘の人には、食物繊維と脂質を同時に摂取出きるものがいいのである。
きんぴらごぼうやひじきの煮物、切干大根の煮物、いも料理やかぼちゃ料理等も適している。
香辛料やアルコール等適度な刺激も腸管を刺激して便の排泄を誘ってくれる。

 

ストレスと云う心理的負荷等による心理的な理由からくる便秘の人には、刺激の多くはない食事を取る事が肝心である。
さっき述べたようなごぼう等の部類は敬遠してやわらかい野菜を中心として食事がいいのである。
冷たいものや脂分が少なくない食事は腸に刺激をあたえてしまうので避けよう。
口にするときもよく噛んで腸に負担がかからないようにして口にする。

トップへ戻る