精神安定剤の副作用≪いびき≫

精神安定剤の副作用≪いびき≫

精神安定剤の副作用≪いびき≫

精神安定剤や睡眠薬等を服用しているケースの場合、副作用としていびきがでてしまう事が有ると云われている。
何故、薬を呑み込む事でいびきが生起してしまうのだろうか。

 

 

精神安定剤や睡眠薬等には、筋弛緩機能が含有されている事が少なくないものである。
その機能がでて来ると、筋肉の緊張を解して弛めてくれる様に成る。
そうなると舌や喉の部分の筋肉も緩んで来るようになり、呼吸をする気道が狭くなる為にいびきがでてしまうと云う事に成るのである。
よくお酒を呑み込むといびきがでる可能性が高いと云われているが、これも筋弛緩機能による気道が狭くなる事でおきる症状だと云われている。
極端に云うと薬に拠っていびきがおきているのであれば、薬を留める事に拠っていびきも改善されると云う事に成るのである。

 

 

しかしながら、精神安定剤や睡眠薬を服用している人は、何らかの病気を治療する為に服用している事が少なくないものである。
そう云う人のケースの場合はいびきが酷いからと云って勝手に服用を留めてしまうと、病気の症状自体がでて来る様に成るのでドクターと対話も無く勝手に留める事は留めた方が良いとおもわれる。
あくまでもドクターの指示に従って服用をしたり留める様にしたりする様にしなければならないのである。

 

 

精神安定剤を飲み、いびきをかくと云う副作用を生じさせてしまい、一緒に就寝している家族に迷惑をかけているとしたら気に成るとはおもわれるが、病気で服用しているのであれば1度ドクターに対談じてみると良いかも知れない。

トップへ戻る