<花粉症の食事治療>総菜

食事するのにべんりな加工品や総菜を買い付けて食事をしている人は数おおくいるとおもわれる。
勿論加工品を使用しているからとか、総菜を口にしているからと云って花粉症に成るわけではないのである。
しかし加工品に頼りつづけた食生活を送ってると、生鮮食品を口にしているケースの場合に比較して栄養面で断然差がでる。
加工品のケースの場合、栄養分が足らなかったり、栄養の釣り合いが偏ったりしやすいので注意が必要であるためである。

 

このような人は花粉症になりやすい体質が出きやすい為、食事治療を行って今までつくり上げてきた体質を改善する事が望ましいものである。
全く加工品や総菜に当てにしてはいけないと云うものではないのである。
上手く加工品や総菜を活用して花粉症対策の食事治療につなげてもらえればいいとおもわれる。

 

例を挙げると外食するときや総菜を買い付ける時には、洋食よりも脂質がおおくはない和食を選定するようにする事である。
更に主菜、副菜、ごはんと多種多様な種類の料理が入ってるものがいいものである。
メインディッシュにかんしては鶏の唐揚げのように油で揚げた高カロリーのものではなく、サバの煮付け等の低カロリー品が好ましいものである。
全体的に洋食弁当よりも和定食風のお弁当がいいものである。
他にもほうれん草等青菜のお浸しや海藻類の酢の物等が副菜として付いているものが1番理想的な食事である。
副菜としてお弁当等に入っていなければ、1品単品で総菜を足すといいものである。
こういった具合にして食事治療の中では野菜や海草を意識して口にするようにする事が望ましいものである。

トップへ戻る