妊娠中、授乳中の人にビタミン・ミネラルが必要な理由

妊娠中、授乳中の人にビタミン・ミネラルが必要な理由

妊娠中、授乳中の人にビタミン・ミネラルが必要な理由

ビタミンとミネラルは誰にとっても必要な栄養素であるが、特に必要な人は妊娠している人、授乳している人である。
妊娠している時は、自分の分、お腹にいる赤ん坊の分と二人分のビタミンとミネラルが必要になる。
お母さんと赤ん坊は一心同体であるのでお母さんがビタミンやミネラルの栄養素が不足してしまうと、同じように赤ん坊も不足してしまうと言う事になってしまう。
ミネラルは、細胞を形成するなど人間が成長するために実に必要な栄養素である。
特に赤ん坊のケースの場合はお腹の中で細胞が形成されてゆくので、ミネラルを充分に摂取することが実に肝心になる。

 

ミネラルが不足した状態になると最悪は成長障害が生じる可能性もあると言われているくらい深刻なことなのである。
また、日本以上に真剣に取り組んでいるのがアメリカで、アメリカではミネラルやビタミンの他に葉酸を摂取することも推奨されているそうである。
葉酸というのは造血ビタミンという呼び名があるくらいものであるから血液を作るために必要なビタミンである。
であるから、赤ん坊には実に必要なビタミンと言う事になる。
お腹の中にいる時でも、授乳中のときでもお母さんと赤ん坊は一心同体である。
現在の生活の中ではどうしてもミネラルやビタミンが不足してしまいがちになってしまう。
だから、意識をしてお母さんが良質なビタミンやミネラルをキッチリと摂取するようにして赤ん坊に分けてあげるようにすべきだ。

トップへ戻る