カラーコンタクトレンズについて

カラーコンタクトレンズについて

カラーコンタクトレンズについて

視力の補正を目的とした、いままで書いてきたようなコンタクトレンズは医療用具である。
しかし、おしゃれを目的としたカラーコンタクトレンズは医療用具ではない。
白濁などによって、医療上の理由でカラーコンタクトを装用するケースの場合は医療用具となるが、ここでは医療用具ではないカラーコンタクトについて書いていきたいと思う。
医療用具ではないカラーコンタクトレンズは、ややシンプルにネットショッピングなどでも手に入れることが可能である。
ちょっと前に問題になったことがあった。
その為に、手入れの仕方もわからずに装用し続けた結果、目に重篤な障害が残った例も有る。
レンズ自体も粗悪なものが見つかり、色素が流出したりもしていた。
確かに目の色をちょっと変えると神秘的であったり、雰囲気もガラリと変わる。友達と比較しても個性的になる。
値段もシンプルだし、つい手を出したくなる気持ちも分かる。
しかし、シンプルに取り扱っていると、取り返しのつかない事態に陥ることもあるのである。
医療用具でない、と言う事は「医療の責任はとれない」と言う事なのであるから。
その結果として、眼科に来ないと治らないようなことになるのである。
どうしてもつけたいのならば、短時間にすべきだろう。
そして決定された手入れ方法をきっちり守ろう。
レンズの状態を眼科医に見てもらうことも良いことである。
そのときには、処方された箱や解説書などを持参するとわかりやすいのでおススメする。
おしゃれをするのに命がけってことはおかしいものであるから。

トップへ戻る