≪予防医学と食事≫高血圧予防の減塩食について

≪予防医学と食事≫高血圧予防の減塩食について

≪予防医学と食事≫高血圧予防の減塩食について

高血圧の人に減塩食をすすめられるのは、皆さんよく熟知していることと思う。
なぜ高血圧と塩分が関係するのだろうか。
それは、もともと人間は余分な塩分を排出する活動を所有しているが、先天的にその活動が弱い人がいる。
塩分を身体にためこみやすいため、これらを排出するためにいま度はカルシウムを細胞内に取り込もうとする。
細胞内にカルシウムが入ると、血管が収縮して狭くなり、狭い血管を血液が通り抜けようとするため、血圧が高くなってしまうのである。
つまり、塩分の摂取を控え、身体に塩分をため込まなければ、血圧を下げることができるのである。
こうして食生活から変えていくのも、血圧を下げたり高血圧再発を防ぐための予防医学の1つだ。

 

食事を工夫した予防医学としての減塩食と言っても、単純に調理の味付けを薄くするだけでは、目標の1日6g未満に抑制するのはむずかしいのが実情である。
1日6gの塩分というのは、日本人が1日に摂取している塩分量の平均の約半分になる。
しかも、もともと食品に含まれている塩分も全部合わせて6gとなると、調理の味付けにプラスして、加工食品や塩以外の調味料に含まれる塩分にも注意が必須事項になる。
食パンは1枚におよそ0.8g、うどん(乾麺)は1人前でおよそ3.0gの塩分が含まれている。
そう考えると、主食はご飯にしたほうが、減塩食を進めやすいだろう。
また、加工食品などは思いがけず高塩分であることが有るので、パッケージなどの栄養成分表などで塩分量を確認する習慣または慣例をつけると良いだろう。

 

食事を工夫した予防医学として食生活を見直すことで予防できる病気は、何も高血圧ばかりではない。
健康を気遣う全部の人にとって、食生活の修正は基本中の基本的な予防医学の実践といえるだろう。

トップへ戻る