足つぼ・不眠症とツボについて

足つぼ・不眠症とツボについて

足つぼ・不眠症とツボについて

どれほど眠れば、充分であるかは個人差が有る。したがって、何時間、睡眠時間をとるべきである、と全般的に言うことが不可能だ。しかし昼間に頭がぼーっとしたり、身体全体が重い、けだるいというときは眠りが足りない、あるいは質が良くないのかもしれない。

 

このようなときには、ツボを刺激することで効果が得られることが有る。高ぶっている神経を休めるためには、頭の百会(ひゃくえ)、耳の後ろの完骨(かんこつ)のツボを刺激する。背中の隔愈(かくゆ)も自律神経の狂いを但し、イライラを鎮めるツボとして用いる。
●百会は、頭のてっぺん、左右中央の線上に有る。
●完骨は、耳の後ろの硬い骨をさぐる。この骨の後ろの下に有る。

 

また足ツボでは、足のくるぶしの中封(ちゅうほう)を集中して刺激する。神経症によく効くツボである。
●中封は、内くるぶしのてっぺんから、足の甲の方向へ斜めに下に指でさぐっていくと、へこみが有る。ここが中封のツボである。
これ以外、寝つきを良くするためには、足の裏全体をよくもみほぐすようにする。

 

ストレスやフラストレーションが原因で不眠となることも有る。生活環境を整えることも肝心である。昼はなるべく身体を動かし、夜は音や光を抑え、気持ちがリラックスするようにすべきだ。ホットミルクにちょっとお砂糖をプラスして甘くして飲んでも良いかもしれないね?おそらく気持ちがほっと落ち着くよ。

トップへ戻る